薄毛を改善する民間療法とは

薄毛について

薄毛を改善するために病院やクリニックにいくとお金がかかります。病院などに行かないで改善していく方法をご紹介していきます。

〇イワシ缶
薄毛、抜け毛にイワシ缶がいいと注目されています。EPAという成分が豊富で缶詰になると生のイワシの3.5倍程度多くなっています。EPAは血流を改善する働きがあり、改善されると頭皮の毛細血管の隅々まで血液が行き渡ります。毛根にまで栄養素が届きます。効果的な食べ方は梅干し一緒にイワシ缶を食べることです。梅干しに含まれるクエン酸は血小板を固くしないことで血液をサラサラにしてくれます。

1日どのくらいとればいいか
イワシ缶は継続して摂取していくことがおすすめになりますが1日1缶食べるというのが理想的です。あまり過剰摂取しても体調に影響がでてしまいます。1日1缶で約200gくらいであれば問題ないでしょう。

〇豆乳
豆乳はホルモンバランスの影響が大きいと言われています。男性が薄毛になるのは男性ホルモンによる影響で、女性は女性ホルモンの減少が原因になっています。男性ホルモンのジヒドロテストステロンは毛髪の細胞の動きを低下させ、薄毛とは関係が深いとされています。日常のストレスや食生活などの原因も考えられます。女性は年をおうごとに女性ホルモンが減少します。閉経するとエストロゲンの減少で薄毛になることもあります。

大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをもつ成分がふくまれています。AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する作用があると言われていて抜け毛、薄毛を予防します。

大豆たんぱく質
髪の毛はたんぱく質でできています。髪が成長するためには必要になります。

大豆サポニン
大豆サポニンは抗酸化成分を兼ね備えていて酸化を防いでくれます。血中のコレステロールが悪玉になるのを防ぐ役割もあり、血液もサラサラにします。

レシチン・リノール酸・オリゴ糖
レシチンは乳化作用の役割があります。リノール酸は不飽和脂肪酸の一つで魚などに含まれています。髪に栄養素を届けやすくするために調整します。オリゴ糖は、善玉菌を増やします。

ビタミンB群・ビタミンE
ビタミンB群は悪玉コレステロールの蓄積を防いで薄毛予防になります。ビタミンEは抗酸化作用があり、髪に栄養素を届けやすくします。

薄毛予防として飲むには
豆乳は1日200mlくらいまでがよいと言われています。飲みすぎてしまうと肥満にもつながることがあるので注意するようにして摂取することがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました