【薄毛対策】に効果的な「運動・ストレッチ」は?アプリで習慣化!

運動について
Confident business person walking upstairs. Business career concept

薄毛対策に運動やストレッチが効果的であると聞いたことはありませんか?薄毛対策に運動やストレッチを始めたいけど、何をしたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では以下のようなことがわかります。

● 薄毛対策におすすめの運動・ストレッチ6選
● 薄毛対策の運動・ストレッチを習慣化させる方法

最初に、運動とストレッチがなぜ薄毛対策に繋がるのかを説明していきます。

薄毛対策におすすめの運動・ストレッチ6選

薄毛対策に運動とストレッチは効果があります。その理由として、薄毛になる原因を運動やストレッチが解消してくれるからです。薄毛になる原因は以下のようなものがあります。

● 血流が悪くなる
● 過度なストレス

PCやスマホの使い過ぎによって神経の緊張状態が続き、血流が悪化してしまいます。

髪の毛は、毛細血管から栄養が運ばれ成長するのです。そのため、血流が悪化すると成長が鈍り、薄毛に繋がってしまいます。

しかし、運動やストレッチを行うことで、全身の血流が改善され、頭皮まで血液が行き渡り、髪の成長に大切な栄養や酵素が届きやすくなるのです。

さらに、運動やストレッチを行うことで汗をかき、爽快感や達成感を味わえます。これがストレスの発散になり、薄毛対策に繋がっています。

では、簡単にできる薄毛対策に繋がるおすすめの運動とストレッチを6つ紹介しましょう。

運動1|ジョギング

薄毛対策におすすめの運動1つ目は、ジョギングです。

ジョギングを行うことで汗をかき血流が良くなります。

さらに、ジョギングをし終えた後には爽快感を味わうことができるためストレス解消にもなるでしょう。そのため、ジョギングは薄毛対策に効果的な運動であると言えます。

軽く10分だけ走るのも効果があるため、無理をしないで少しずつ続けるようにしていきましょう。

運動2|ウォーキング

薄毛対策におすすめの運動2つ目は、ウォーキングです。

ジョギングほど汗をかくことはありませんが、運動不足の現代人にとっては効果のある運動になっています。

季節に関係なく手軽に始められる運動であるためのもウォーキングの魅力です。さらに、ウォーキングで神経伝達物質のセロトニン(別名:幸せホルモン)が分泌されやすくなります。

セロトニンとは、感情をコントロールして気持ちを穏やかにする役割を担う物質のことです。セロトニンの分泌頻度が高くなることでストレスに対して強くなり、物事をポジティブに考えれるようになります。

そのためウォーキングは薄毛の原因であるストレスを解消することに繋がっていきます。

運動3|HITT

薄毛対策におすすめの運動3つ目は、HITTです。

HITTとは、体脂肪を減らすと同時に筋肉量を増やし、常に身体を「脂肪燃焼モード」にする効果が高い運動法のことです。

短時間の負荷の高いトレーニングを行うことは、老化防止だけでなく、ミトコンドリアの機能が向上します。髪の毛を作る細胞である毛母細胞にはミトコンドリアが多く含まれています。そのため、ミトコンドリアの機能が向上することは、薄毛の予防にも繋がっているのです。

高強度・短時間のインターバルトレーニングであるため、4~5分のHITTでも十分に効果を実感できます。HITTは時間がない方におすすめの運動になっています。

ストレッチ1|肩回しのストレッチ

次は、薄毛対策におすすめのストレッチで、まずは肩回しのストレッチになります。

背中全体を覆っている僧帽筋は体の中で一番大きな筋肉です。デスクワークで同じ姿勢を長時間とることによって、僧帽筋がこわばり血行不良に繋がります。肩回しのストレッチをすることで体の中で一番大きな筋肉が伸ばされ、血行が改善するのです。

ストレッチ2|首周りのストレッチ

薄毛対策におすすめのストレッチの2つ目は、首回しのストレッチです。

首の側面には頭に血液を運ぶ毛細血管があります。そのため、首の血行が悪くなると、頭皮の血行が悪くなり、抜け毛に繋がります。薄毛予防のためにも首周りのストレッチは入念に行ってください。改善方法には、手を耳の上に当て、手に力を入れながら同時に頭を手の方向に倒す方法があります。左右両方行うようにしましょう。

ストレッチ3|肩甲骨のストレッチ

薄毛対策におすすめのストレッチの3つ目は、肩甲骨のストレッチです。

肩甲骨をストレッチすることで首のこりや肩こりが解消されます。そのため、簡単な肩甲骨のストレッチはデスクワークを行う前にすることでコリが解消され、薄毛予防に繋がります。両ひじを曲げて偏りも上にあげ回すことで、肩甲骨が伸ばされます。合間時間にもできるので定期的にストレッチを行いましょう。

薄毛対策のストレッチ・運動はアプリを使って習慣化

薄毛対策のストレッチ・運動はアプリを使って習慣化させることをおすすめします。運動・ストレッチは一度だけでは効果がなく、続けることで効果が表れます。

そのため、アプリを使って薄毛対策のストレッチ・運動を習慣化させていきましょう。アプリを利用することのメリットとしては以下のようなものがあります。
● 進捗状況がわかる
● 手軽に管理できる
● カレンダーと共有できる
● リマインド機能がある

常に身につけているスマホのアプリを使えば、習慣化の進捗状況も把握できます。

また、リマインド機能があるため「うっかり忘れてしまっていた」というのを防げるのです。習慣化アプリには様々なものがあるので自分に合ったアプリを利用するようにしましょう。

筋トレは薄毛になるって本当?適度な運動を心がけよう

結論から言うと、筋トレが薄毛に繋がることはありません。

筋トレが薄毛に繋がるのではないのかと言われている理由は、筋トレを行うことで分泌されるテストステロンに原因があります。

テストステロンが多く分泌されることで、筋肉量を増やすことに繋がります。

そのため、筋トレの観点から見ると、分泌量の増加はメリットがあります。

しかし、AGA予防の観点から見るとデメリットとなります。テストステロンの量が多いほど、AGAを引き起こすDHTが生成されるリスクが高くなっていきます。

しかし、テストステロンが多いからといって必ずしもAGAになったり、薄毛が進行したりするわけではありません。

このようなことから、筋トレは薄毛に繋がるという誤解が生まれているのです。しかし、度を越した筋トレを行うことで、「活性酵素」が増えます。「活性酵素」が増えることで毛髪の成長に悪影響を及ぼすことがあります。そのため、適度な運動をするように心がけましょう。

薄毛を運動・ストレッチの習慣化で予防しよう!

薄毛を予防する運動・ストレッチには以下のようなものがありました。
● ジョギング
● ウォーキング
● HITT
● 肩回しのストレッチ
● 首周りのストレッチ
● 肩甲骨のストレッチ

運動もストレッチも一日だけでは効果がありません。そのため、リマインド機能やカレンダーと共有ができ進捗状況が見えるスマホアプリを使って、習慣化させるようにしましょう。

血行の悪さやストレスが原因で起こる薄毛ですが、日ごろの生活に少しだけ運動やストレッチを加えることで薄毛の原因が解消されるため、明日から継続を決意してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました